ウォーキング 今市なんでも百選

日光 日光だいや川公園

ウォ−キングin日光◇歩きませんか日光路
世界遺産の町日光のもう一つの旅、 四季折々本当の日光のすばらしさを歩いて感じてみませんか?地元のウォーカーのウォーキング
ハイキングポイントをぶらっと日帰りでのとっておきのコースをご案内します。
スポンサードリンク】
 「>ウォーキングin日光★歩きませんか日光路★」 大谷川遊歩道とその周辺・今市なんでも百選

今 市 な ん で も 百 選 日光だいや川公園

ウォーキングとスポーツの広場
今市市街から国道121号を鬼怒川温泉郷に向かい、大谷橋手前の川原交差点を左折。住宅地を抜ければそれと分かる緑の園地が広がっている。 
 ウォーキングとスポーツ楽しむための公園。それが「日光だいや川公園」である。平成13年夏に管理事務所とフィールドァスレチックコースが開設され、平成15年にはスポーツフィールドもオープンしました。
ュースポーツエリア広場から自然体験エリア>
駐車場から西手に新スポーツフィルドがある。グランドゴルフやデスクゴルフなど有料ではあるが、完璧なコース?・・・ウォーキングフィルドとしても申し分ない施設だ。

車を置いて舗装されて道路を両側に様々なスポーツフィールドを見ながら、しばらくまっすぐ進んでY路地を右に入ると、小川に木の橋が掛かっている。せせらぎの音と小鳥の鳴き声も聞こえる、なんとも嬉しくなる心地よい空間だ。
橋の下は様々な植物が名札つきで植えられている橋を渡り終えると舗装された大きな道路に戻るが、この辺は従来の雑木林をそのまま利用した背の高いクヌギが残る。自然そのままの林である。
1月にはいると紅葉した木々と落ち葉を踏みしめて歩ける。なんとも感傷的な小道と言うか・・・?もう少し進むと、もう一つ小川に架かる橋がある、先ほどと比べると半分ぐらい橋です。
しばらくの間進むと「チョウチョの丘」の分岐点となる ここの花は横文字の難しそうな珍しいのだと思われる花が植えられている。このポイントは7〜8月がベストです。
この公園の木や花などにはすべて名札がつけられています。「へ〜こういう名前なんだ・・・?」などと、新しい発見があるかもしれません。
 かってこの辺一帯は普通の雑木林で、キノコがいっぱい出たそうである、以前はクマかサルでも出そうなうっそうとした林でした、その頃の面影をすこし残しながら、見事なくらい、素敵な憩いのゾーンと生まれ変わっている。
 チョウチョウの丘を一周し、下ると橋の袂に出る。これから先は様々な花木が植樹されている。
ニュースポーツ広場エリア・自然体験エリアは終点となる・・・が大きなこの日光・だいや川公園のまだ約3/1である。

体験エリア
自然体験エリアが終わり、日光市野口からの県道に出たら右折すると、今年の4月にオープンしたばかりの体験ゾーンエリアとなる。 
道路の左右に体験農場がある。炭焼きも出来るらしい。西駐車場から小さな橋を渡ると、真新しい体験学習施設である。 
講習会や体験教室など、多彩なプログラムが用意されているようです。また日光東照宮の模型が陳列されている。
 県道県西大規模公園道路の大谷川沿いに「文化・創作体験エリヤ」と言われる広場があるが、展望台にでも上って一休みでいいだしょう。

生活体験ゾーン
こからはウォキングの第二部・ナラや杉・クヌギなど、雑木林を歩く「自然体験エリア」である。
このコースは大半の道路に「リスの小道」「こもれびの小径」などの名前が付いている。
大駐車場から正面入り口から入ると、アスレチックコースの受付がある。日曜日とか休日には親子ずれや子供たちでにびわう。
のエリアには舗装された道路があるが、昔ながらの砂利の小径がある。アスレチックコースに沿って「ふれあい散歩道」や「こもれびの小径」などをゆったりと散策しながら、「トンボの池」に出る。
春先には少ないが水芭蕉も咲く水辺の植物がたくさん生えている。紅葉時には、色付いた木々が池に映るナイススポットである
「トンボの池」を後にして間もなく西はずれの小さな「ひだまりの広場」に到着する。
折り返して大谷川沿いの舗装されていない土とウッドチップの「出会いの散歩道」から「夕焼けの小径」を進むと、広々とした芝生の「そよかぜの広場」に出る。この辺からの望む、日光連山・男体山・女峰山などの絶景である
管理事務所は常にイベントが催されている。ちょっと覗いてみたらいかがでしょか。
管理事務所の前にある「やすやぎに池」には珍しい野鳥がくるそうです。カメラを据えた写真家??が放列しているときもある。
この公園に隣接してオートキャンプ場が広がる。大自然に囲まれた絶好のロケーション。時には家族や仲間たちとのキャンプもいい。
 フリーテントサイトは全20サイトあり、1泊2500円。オートキャンプは68サイトあって1泊4500円キヤンピングカーサイトは1泊5500円で、全14サイト。他にトレーラーハウス(5人用1泊16000円・8人用1泊22400円)も設備。
 毛布や野外炉はレンタルでき、シャワー室(有料)やコインランドリーも備えられている。問い合わせは0288−23−0321まで。

 この県営オートキャンプ場は新緑、紅葉時などは素敵な雑木林の散歩道となる。
 だいや川公園もフィニシュ近い、県道をまたぐ歩道橋を渡ると。おおきな花時計のある「イベント広場」地元の運営する食堂もある。
 A丸山運動公園
四季を通じて最も人気のあるウオーキングコース。
 大谷川沿いに、1周**Kmにいろいろな運動施設を有する運動公園である。年間通じてウオーカーに愛されるスポット大谷川散策コースから「水郷橋」を渡ると、公園内となる。
四季を通じて快適なロケーションではあるが、4月から5月の桜並木はソメイヨシノ、しだれ桜・山桜とさくらが長く楽しめる。
桜が終わると、花水木、霧島つつじ・・・・などなど飽きることはない。
1周は約++Kmと短いが、多くのウォーカーは杉並木から丸山公園や大谷川河畔公園と組み合わせるている。
B茶臼山から愛宕山
121号国道を鬼怒川温泉方面に大谷川橋から約2Km走ると左側の山の終わる地点がある、茶臼山から毘沙門山への登山口である。580m足らずの里山ですが、ちょっとした市民の山遊びのポイントとして親しまれています。
杉や雑木で見通しはよくないが木々に間から鶏鳴山や今市市街など見ることが出来ます。道標に沿って進むとまもなくTVの中継所になる、高畑山や那須連山など見える。毘沙門山は栃木の百名山の一つである。日光連山も見ることが出来る。
 茶臼山のふもとには長久温泉があります。車の方はここからゆっくりと歩いてください。 

アクセス
 東部線大谷川駅・東武線上今市駅
 車ー日光・宇都宮道路今市インターより鬼怒川方面へ

  
今市なんでも百選
大笹牧場
六方沢>
琴平山
室瀬のカタクリの群落
竜蔵寺の六尺藤
長畑の福寿草群落
茶臼山ハイキングコース
籠岩の絶景
花市
二十三夜祭
弁天沼
今市手打ち蕎麦の会
今市の木工品
天然氷の氷室
鬼怒川の簗場
市民朝市
Link
日光ツーデーウォーク
今市市観光協
スポンサードリンク】
歩きませんか日光〜TOP 
杉並木公園周辺 |大谷川遊歩道周辺 |霧降高原と隠れ滝東照宮周辺 |戦場ヶ原(奥日光)周辺今市植物誌ウォーキングはなぜいいの
 野岩鉄道の旅  
甚平さんの山菜料理 | 栃木の百名山に挑戦  Link   Linkについて

Copyright(C) 2006 歩きませんか日光路 All Rights Reserved