ウォーキング 霧降隠れ三滝

旅 日光

もう一つの日光の旅◇歩きませんか日光路

世界遺産の町日光のもう一つの旅、 四季折々本当の日光のすばらしさを歩いて感じてみませんか?
地元のウォーカーのウォーキング・ハイキングポイントを、ぶらっと日帰りでのとっておきのコースをご案内します。

日光霧降高原とその周辺の日帰りの
ウォーキング
ポイントのご案内
[スポンサードリンク]
霧降隠れ三滝へ  登山口から往復1時間50分


 
霧降の滝入口から西側に広場がある、奥に進むと隠れ三滝と丸山の案内板緩やかな上りのこの付近一帯が、ヤマツツジののあるつつじガ丘。5月中旬〜6月の時期には、レンゲツツジやアカヤシヨウツツジ(シロヤシオ)、オオヤマツ'ども交じって、色とりどりのツツジが楽しめる。道は有料道路の脇をしばらく進む。杉林を抜けると急勾配の下りの階段となります。
霧降隠れ三滝霧降の滝駐車場からおよそ1時間半の所要時間で帰ってくることができる穴場スポットです
 遊歩道というには高低差がありますが、道の途中に立て看板がありますので、それに従って行けばよいでしょう。かなり急な遊歩道を下り終えると霧降川に出ますがほんの少し下流側に戻ると2〜3本の木橋を渡り左に行くと後は案内に沿って歩けば、間違うことはありません。ほんの少し下に進み木橋を渡ると川に沿って山道を進むと丁字の滝・玉簾の滝・マックラの滝へと続く遊歩道になります。
まず、霧降の滝の駐車場から30分弱で、最初に姿を現すのは丁字の滝です。一度落ちた水が、直角に曲がり、その先で、直角に曲がって落ちています。一番下の滝壷に下りるには、ロープを使い下りると見られます。
 次は玉簾の滝。丁字の滝からは15分程度の山道を上り下りをする。川幅いっぱいに二つに分かれて落ちる「玉簾」がうなずけそうは滝です。展望台らしきものもあるのでゆっくりできます。丁字の滝が穏やかな滝ならば、玉簾の滝は”華やな”滝である。

丁子の滝

玉簾の滝

マックラの滝

 さて、3っめのマックラの滝ふむけて、先ほどの遊歩道を更に進む、作業用の大きな舗装道路に出る、道路案内が出ているので、川を越えると間もなく「マックラの滝」なかなか豪快な滝である。マイナスイオンを目いっぱい吸って、帰途に着くこの辺はよくサルに遭遇する。結構図しいヤツラ威嚇することもある、ホイッスルなど持参したほうが良いかも。のんびり歩いても40分もあると出発地点の駐車場に到着する。

ウォーキング★霧降高原★滝
霧降の滝
隠れ三滝
霧降大山ハイキングコース
霧降自然研究路
赤薙山登山
日光小倉山自然公園
山のレストラン
Link
日光霧降高原|ペンション モンテベーロ
ハイキングコース
日光ツーデーウォーク
スポンサードリンク】
歩きませんか日光〜TOP
杉並木公園周辺 | 大谷川遊歩道周辺霧降高原と隠れ滝日光市内(東照宮)周辺戦場ヶ原(奥日光)周辺
今市植物誌 |ウォーキングはなぜいいの野岩鉄道の旅 | 甚平さんの山菜料理|  栃木の百名山に挑戦 Linkについ